HP更新:

.映像 │代表あいさつ

コラム│自給自立国家モデル都市による、国際金融資本に毒された「お金の名誉挽回」

コラム│自給自立国家モデル都市による、国際金融資本に毒された「お金の名誉挽回」

 

─── 気になる項目をクリック! ───







 これらの課題を解決に向けて・・・

「自給自立国家日本」

 モデル都市プロジェクトが進行中です!


結婚 子育て 教育 就職 介護環境 など…

全ての世代に於いて不安が山積する日本の現状があります。

 

「戦前の日本は良かった。昔はこうじゃなかった。」

と思われるご高齢者、

また、そういう話を聞いた事のある方は

多いのではないでしょうか?

 

昔ながらの助け合いの日本は、

一人一人の考え方が共通していた事で実現しており、

その考え方は、「修身教育」によって国民全員が一致していました。

 

● 修身教育とは?

戦前の日本にあった、「道徳・人格教育」です。

軍国主義の象徴として扱われがちですが、内容は、

人として大切な教訓を教えている事が分かります。

今日に続く、世界に誇れる日本人のメンタリティー

の形成に大きく寄与した事は否めず、

「道徳・人格教育」の重要性は計り知れません。

 

 

学校での修身に基づいた人格教育と、

それに伴う助け合い精神の社会構造は、

世界に誇れる素晴らしいものでした。


戦前の日本は、助け合い精神に基づいた

人と人との信頼関係によって成立する社会であり、

若い男女は結婚するのが当たり前で、

5人も10人も子供を産んでいました。

 

そこには、子供たちの成長を見守る

おじいちゃんおばあちゃんがいました。

 

その仕組みが家庭だけでなく、

村、町、都市、国家まで

貫かれていたのが、

古き良き日本であったのでは

ないでしょうか。

 


若者向け特集映像 👆
資本主義・共産主義も実現できなかった理想の社会が、古き良き日本にあった⁉ (15分)


古き良き元気な日本を復活させる為に、

全国の一部上場企業や多岐に亘る事業、

各種法人、個人などが提携し、

正しい国家観・歴史観教育を軸とした、

完全自給自立社会(モデル都市)の構築を目指しています。

 

モデル都市の先駆けとしてモデル施設」に挑戦し、

北海道をはじめとして関東関西に於いても、

期待を超える実績を収める事が出来ました。 

※モデル施設・都市は、実際の生活モデルの舞台となっております。

既に参加頂いている方、これから参加をご検討の方のプライバシー保護の

観点から、拠点等の住所はネットでは公開しておりません。


これらの分野を更に拡大しつつ、

一刻も早い全国化による

「現実的な日本復活」に向けて

全国各地で

具体的な取り組みが進行中です。



全国展開の先駆け「北海道モデル都市」の取り組みや、全国展開に向けての概要をご紹介します。

(イラストはイメージであり、実際とは異なります。)

 

 日本復活の突破口を開く、

モデル都市プロジェクトの全国化に向けて

多くの方々のご参加を

 お待ちしております。

 


モデル都市「理念」映像


人と人とが集まる社会「モデル都市」を形成するに当たっては、

一人一人の考え方がどの方向に向いているのかが非常に重要です。

 

 考え方が真逆であれば、たとえ家族であっても決裂する様に、

 その単位を拡大した、社会・国家に於いても同じ状況となります。

 

「全員で一致した考え方」の方向性を決定付ける上では、

 様々な観点から真実を追求し、客観的に物事を分析する事が大切です。

  

 そこで「理念映像」を制作しました。

 

 モデル都市に於ける、共通理念となっている内容です。

 是非ご研究下さい。

 ↓

 


 

● 第1章「我欲侵略の世界化」(60分)

~国家観・歴史観~

白人の視点で世界史を見るのではなく、

私達アジア、日本人視点で歴史を客観的に考察し

私達が持つべき国家観を見いだします。

 

 第2章「欲望主義と愛情主義」(30分)

~人格教育・修身,道徳~

修身教育に代わる

人格教育に焦点を合わせた内容となっており、

誠実勤勉な日本人の心を後世に伝えます。


日本復活に向けて、

共に立ち上がって下さる方

募っております。

理念映像のご感想をお寄せ頂けた方でご希望の方に、

モデル都市のより詳しいご紹介を致しております。



● モデル都市理念映像(1章~2章まで)ご感想受付窓口

【賛同・参加希望者向け】

(押し忘れにご注意)内容を記入後、下部の【送信】ボタンをクリック して下さい。

  ※ ページの再読み込み等されると記述内容が削除されますので、ご注意ください

メモ: * は入力必須項目です